早目の治療が大切です|気になるいぼを切除しよう【出血もないため体への負担が少ない】

気になるいぼを切除しよう【出血もないため体への負担が少ない】

サイトメニュー

早目の治療が大切です

女医

焦らないことです

いぼには、ウイルス感染から発生するものと、加齢によっておこるものの2つの種類があります。ウイルス性のものは放っておくとどんどん増えてしまいますし、周りの人に移してしまうこともありますから、なるべく早く治療することが大切です。いぼの治療は皮膚科で行うことも出来ますが、人目に付く顔や首筋などに出来たものは美容整形のクリニックで治療すれば、切除した痕を綺麗に処置してもらえるのでお勧めです。また、美容整形のクリニックは施術中の痛みに対しても、デリケートな対策をとっているところが多いので、敏感な方でも安心して利用できます。美容整形で一番利用されている施術は、炭酸ガスレーザーで焼灼して切除する方法です。この施術を利用する場合、注意した方が良い点は、一回で完全に取り除こうと考えないことです。いぼを切除すると、そこの部分の皮膚がなくなるわけですから、一時的に残った皮膚の表面に凹みが出来ます。その凹みは時間の経過とともに次第に回復して普通の状態になりますが、その際、凹みが小さければ小さいほど、回復までの時間が短くて済みます。施術の際、医師はいぼを完全に焼切ることと、切除後の凹みをなるべく小さなものにするという、相反する目的の間で難しいバランスを取っていきます。でも、一回で完璧に終わらせることを期待しないのであれば、先ずは、切除後の凹みを極力小さなものにしてもらうことが出来ます。そして、もし取り残した部分があれば、回復後にその部分だけを簡単に処置してもらえば良いのです。こうすることで、より安全で完璧な施術をしてもらうことが可能です。美容整形のクリニックでは、通常、炭酸ガスレーザーで取り残した部分への追加の施術は、一年以内なら、無料で対応してもらえるので安心です。美容整形でいぼの切除の為に用いられる施術には、炭酸ガスレーザーを利用する方法と切除法があります。炭酸ガスレーザーを使う施術は、レーザーを照射して細胞の中の水分に熱エネルギーを発生させ、ターゲットの部分を瞬間的に蒸発させてしまう方法で施術痕も残りません。10分程度で終了する簡単な施術で、事前に局所麻酔をしますので痛みも殆どありません。洗顔は当日から可能ですが、施術後暫くは皮膚に凹みが出来ていますので、凹みに溜まった洗顔料を良く洗い流すことが必要です。クリニックによっては、術後の部位を保護する目立たないテープを出してくれるとこともありますのでそういうものを利用するのもよいでしょう。また、術後4-5日程で皮膚の凹みの部分が乾いた状態になります。そういう状態になれば、その凹みの上にファンデーションを塗ったりメイクしたりすることも問題ありません。術後の通院も不要です。また、費用は2ミリ以下のいぼの場合で5千円程です。非常に簡単な施術で、術後の痕も残らず、価格もお手頃なのでとても人気があります。切除法は、1センチ以上もあるような非常に大きないぼの除去に利用されます。痛みを心配する方が多いのですが、事前に局所麻酔をするので、敏感な方でも安心して利用することが出来ます。また、縫合した痕も細い糸を使うことで抜糸した後は殆ど目立たなくなります。施術時間はおよそ60分で、入院の必要はありません。目立つ部分の大きないぼも僅かな時間の施術できれいに取り除くことが出来るので好評です。費用は5-10万円程度となります。

Copyright© 2018 気になるいぼを切除しよう【出血もないため体への負担が少ない】 All Rights Reserved.