気になるいぼを切除しよう【出血もないため体への負担が少ない】

サイトメニュー

受ける病院とレーザー治療

顔に触れる女性

大きな治療は不要です

いぼの除去を検討する際、受け付けてくれる医療機関は皮膚科と美容整形外科が代表的です。どちらを受診したとしてもほぼ同じ仕上がりの治療が受けられます。除去方法のうち多くのクリニックで用いられるのは、炭酸ガスレーザー治療と切除縫合法の2種類です。炭酸ガスレーザー治療はいぼの組織にピンポイントで水分に反応するレーザーを照射し、水分が蒸発するとともにいぼの組織も散らせるという仕組みです。しばらくはやけどのような赤い湿疹が出ますが、アフターケアを数日行なえば綺麗に治ります。切除縫合法は文字通りメスなどの医療機器を使用していぼの部分を切除し、周囲の皮膚を縫い合わせるという方法です。切除縫合法は深く張った根まで取り除けるため、再発の心配が少ない治療方法です。切開する皮膚の範囲も最小限ですので、抜糸を終えてしばらくすれば綺麗な皮膚に戻ります。これらは皮膚科・美容整形外科の両方で受けられる方法ですが、皮膚科ではこのほかにも液体窒素で焼く治療方法も設けています。液体窒素を皮膚に押し付けるのはかなり痛みがありますが、保険が適用となる治療方法のため、費用を抑えたい人には向いています。しかし痕が残る可能性も否定はできないため、人目に付くような部位のいぼをとりたい人には、炭酸ガスレーザー治療か切除縫合法が安心と言えます。保険が適用になるかならないかは受診してみないとわからない部分がありますので、気になる場合はまずは受診して、無料カウンセリングのときに担当医に尋ねることをおすすめします。いぼの切除方法のうち、よく用いられるのは炭酸ガスレーザー治療です。施術の所要時間は数十分から1時間と短く、出血もないため体への負担が少ないことが人気の理由として大きいところです。炭酸ガスレーザーは水分に反応する性質を持っています。いぼの皮膚組織には水分が豊富なので、炭酸ガスレーザーをいぼの部分に集中して照射すると、水分が熱せられ蒸散し、そのときいぼの組織も一緒に削り取られることで切除されていくという仕組みです。炭酸ガスレーザー治療は個人差がありますが1回から2回の施術でほぼ完治できるとされています。あらかじめ体質チェックを行なうなど、体質的に受けられない可能性もあるので注意が必要です。治療が終わったら帰宅も可能ですが、施術した部分を濡らさないように気を付ける必要があります。施術部分さえ濡らさなければ入浴も可能です。施術直後はやけどのようになっており、これがかさぶたになって剥がれるまでは傷のようになっています。塗り薬や保護シールなど、アフターケアをしっかり行なうことで綺麗な皮膚へと修復されていきます。治療開始から綺麗な皮膚に回復するまでに数週間から数か月と時間はかかりますが、治療そのものの所要時間は短時間で入院などのおおがかりな治療を行なわないという点は、忙しい人にとってもありがたい技術です。治療の料金はサイズによって値段設定されているところが多いため、大きいいぼを取りたい人や値段が気になる場合はサイズを診てもらった段階でおおまかな値段を聞いてみるとよいでしょう。

下着姿の女性

メスを使わずに解決できる

メイクで隠せないいぼを解決するには、美容整形のレーザー治療がおすすめです。痛みを最小限に抑えて焼き切ることができるため、従来の切除法より格段に楽になっています。本治療前にはテスト照射をして、肌に問題がないかチェックします。

顔に触れる女性

取りたいのなら専門家へ

どのようないぼができたとしても、自身で解決しようとするのではなく、美容整形外科で綺麗に切除してもらうのが一番です。老人性やスキンタッグなど、いろいろな種類がありますので、ドクターに適切な方法でいぼを切除してもらいましょう。

女医

早目の治療が大切です

顔や首などの目立つ部分のいぼの切除には、美容整形を利用すると術後の痕もきれいで、痛みも少ないのでお勧めです。費用は炭酸ガスレーザーを使用する場合は5千円程度です。また大きないぼの除去に使用される切除法では5-10万円程になります。

Copyright© 2018 気になるいぼを切除しよう【出血もないため体への負担が少ない】 All Rights Reserved.